2009年07月07日

新古書店 その一

   最近買った本の山に埋もれていたパンフレットのような
  ものに、「あなたはなぜブックオフに行かなくなった
  のか」というのがあった。おれの理由は簡単。
  欲しいものが何もないからである。でき始めの頃は
  何かしら拾えたような気がするが、今は全くない。
   それでもたまには・・・と思い行ってみた。結果は
  やっぱり何もなし。(初めからわかってたけどね)

   ふたつ気になることがあった。うるさい、店員の「こだま」
  は相変わらずだが、放送で流している内容が以前と違う
  のだ。「本を捨てる前に逢いに来てください」と言って
  いたが、カウンターで「値段がつかない本どうしますか」
  って定員が言ってたぞ。おい!矛盾してるじゃん!値段
  つかないんじゃ捨てるしかないじゃないか!

   もうひとつはポイント。確か前は1000円で50だったが、
  今は1000円で10だ。これ実質的に値上げ?また半額で売る
  といいながら700円の文庫本450円(税込)で売っていた。
  これも実質値上げ?さらにCD・DVDはせいぜいよくて2割引
  だった。

   社長・会長が代わって「営業方針」がかわったのか?
  他に理由があるのか?それは外部からはわからんけど、
  なんかすっきりしないぞ。
   だめ押しをしておくと「本」の買い取りは高額本でも
  最大一冊140円とも店員が言ってた。まあ、びっくり!
  
   ざっと店内を一周してみたが、ほとんど食指が動かない。
  ビジネス書なんざ「ただでもいらん!」と棚を見て思った。
  ああいう本で自慢話してた人たち、そういえば何人もお縄
  になったなあ、などとどうでもいいことまで頭に浮かんだ。

   真面目にきちんと本を評価する新古書店も実はあるのだが、
  それは次回に。
  
posted by 斑尾三水 at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください